tokisia二級建築士事務所

建築設計・整理収納サービスの流れ

建築設計 新築住宅

  1. お問い合わせ ご相談は電話・メールからご連絡ください。
  2. まずは、お話を聞かせてください。家族構成・家への想い・ライフスタイル・価値観は人それぞれ違います。すでに敷地やご要望、予算が決まっている場合はもちろん まだなにも決まっていない場合でも大丈夫です。敷地の図面・写真や土地情報(法的条件の分かるものなど)など、具体的な資料があればよりスムーズです。また、お好きなインテリアや外観などイメージできる写真や絵など、あればお持ちいただければと思います。この打ち合わせは建て主と設計事務所との相性を確認し合う大切な時間となります。
  3. 現地調査 敷地はそれぞれ特徴があります。周囲の環境 風の抜け 光の入り方 視線の抜け方など確認します。
  4. 基本計画 ファーストプランのご提案 ご要望や土地の条件から「基本計画」として、間取りなどの実質的な作業に取り掛かります。配置図・平面図・立面図 ご希望であれば模型 をもとにプレゼンテーションを行います。このプランはたたき台であり変更することも可能です。尚、図面作成のみのご依頼も承っております。
  5. 設計監理契約 基本計画が気に入り相性が良いと判断され、当事務所に設計をお任せいただけるのであれば設計監理契約を結びます。この段階で仮にお断りいただくお客様においては、一律10万円の基本設計料金を頂いております。(設計・監理契約に至った場合、設計・監理料に含まれます) 初回プレゼン時にお渡しした資料をご返却願います。提案プランの著作権は当事務所にありますので、プランの流用は固く禁止させていただきます。
  6. 基本設計 基本計画をもとにご依頼者と打ち合わせを重ね、仕上げや構造、設備などさらに設計を進めて行きます。また、平行して建築確認申請などの法手続きに必要な設計図面の作成に取りかかります。
  7. 実施設計 工事に必要な設計図面を作成します。
  8. 見積り依頼 設計図書が完成しましたら、建設業者数社へ見積もり依頼をし、工事金額が妥当なものであるかのチェックをします。
  9. 予算調整 各業者から提出された見積書の金額が予定工事費をオーバーした場合、見直しや再検討を行い、当初予算内に収まるように設計事務所において調整いたします。
  10. 建設業者の決定 建主様と建設業者との間で工事請負契約を結んでいただきます。
  11. 地鎮祭・地盤調査・建築確認申請 新築の場合、地盤の状態を調査しご報告します。土地によっては、必要な地盤改良を行います。続いて各自治体、民間検査機関に「建築確認申請」を提出し、建築の許可を得ます。その後地鎮祭を行います。
  12. 工事着工 基礎~上棟 基礎工事を着工し、建築確認の配筋検査を受け、棟上げをします。構造体の完成です。工事監理については、設計事務所が定期的な工事内容の確認を行います。上棟式(任意)は建主様と、監督や大工さん等工事関係者との顔合わせの意味合いもあります。
  13. 屋根工事・外壁工事・内装工事・設備工事
  14. 完了検査 工事が完成して建物が完成したら、完了検査の申請をします。申請後、検査機関の担当者が検査に来ます。何もなければ検査済証が交付されます。この検査済証は建物の引き渡し後、フラット35や表題登記などに必要になります。
  15. 引き渡し 工事が完了し、建設業者から施主に建物が渡される前に、施主・建設業者・工事管理者で竣工検査をします。最終の手直し工事があればその確認をします。その後引き渡しになります。

※一般的な木造二階建ての場合、工期は4~6ヶ月です。

住宅のリフォーム・リノベーション

  1. お問い合わせ ご相談は電話・メールからご連絡ください。
  2. まずは、お話を聞かせてください。日々の生活で不満に思っていること、今の住まいで気に入っているところ残したい部分、予算などどんなことでも結構ですのでお話しいただければと思います。既存建物の図面、確認申請書など、資料があればご持参ください。この打ち合わせは建て主と設計事務所との相性を確認し合う大切な時間となります。
  3. 現地調査 既存の状態をチェックします。現行の法規の基準に合っているか、必要であれば構造等の補強は必要か、断熱材は入っているか、水廻りの配管の状況など確認します。日当たり・風の抜け・近隣の状況も確認します。※この段階では建物を壊さずに確認するので、工事が始まってから初めて分かることも出てきます。(構造体が腐っている、土台が壊れているなど)
  4. 行政打ち合わせ 役所・消防署等と打ち合わせを行い、法規・条例を調査します。用途が変わることで確認申請を提出する場合も出てきます。古い建物の場合、現行法規に適合していないこともあります。この段階でしっかり確認しておかないと確認申請が下りず、工事ができないことになります。
  5. 基本計画 ファーストプランのご提案 ご要望や土地の条件から「基本計画」として、間取りなどの実質的な作業に取り掛かります。プランをもとにプレゼンテーションを行います。このプランはたたき台であり変更することも可能です。尚、図面作成のみのご依頼も承っております。
  6. 設計監理契約 基本計画が気に入り相性が良いと判断され、当事務所に設計をお任せいただけるのであれば設計監理契約を結びます。この段階で仮にお断りいただくお客様においては、一律10万円の基本設計料金を頂いております。(設計・監理契約に至った場合、設計・監理料に含まれます) 初回プレゼン時にお渡しした資料をご返却願います。提案プランの著作権は当事務所にありますので、プランの流用は固く禁止させていただきます。
  7. 実施設計 工事に必要な設計図面を作成します。
  8. 見積り依頼 設計図書が完成しましたら、建設業者数社へ見積もり依頼をし、工事金額が妥当なものであるかのチェックをします。
  9. 予算調整 各業者から提出された見積書の金額が予定工事費をオーバーした場合、見直しや再検討を行い、当初予算内に収まるように設計事務所において調整いたします。
  10. 建設業者の決定 建主様と建設業者との間で工事請負契約を結んでいただきます。
  11. リノベーション工事
  12. 完成・引き渡し

整理収納サービス

  1. 事前にメール又は、お電話にてヒアリングをさせていただきます。
  2. ご自宅に伺い、悩みをお聞きしながら作業場所を確認していきます。
  3. ご希望の場所の整理の仕方、収納方法をアドバイスしながら、一緒に作業を行います。
  4. 当日、作業終了後、現金にてお支払いをお願い致します。
  5. お昼を挟む場合、休憩時間を30分~1時間いただきます。
    • ご家族の同意をいただいてください。同意が得られない場合、トラブルになる恐れがあるのでご依頼をお受けできません。
    • ご訪問当日、貴重品や替えのきかない大切なもの・ペットなどはほかの場所へご移動お願いします。
      細心の注意を払いますが万が一の場合、保険に加入しておりますので保険の範囲内で対応させていただきます。
    • ご依頼お申込み後、お客様のご希望に添えないと判断した場合は、こちらからお申込みをキャンセルさせていただくことがございます。ご了承ください。